iphone疑問・知識

【買うならどっち】iPhoneX(iphone10)とiPhoneXS(iphone10s)違いをわかりやすく比較

2017年10月に発売されたiPhoneXと2018年9月に発売されたiPhoneXS。
これらの2機種についてどちらが買いなのか、どういう違いがあるのか、項目に分けて比較していこうと思います。

iphoneXとiphoneXSスペック比較

機種/項目 iPhoneX iPhoneXS
カラー 2色 3色
ディスプレイ 5.8インチ 5.8インチ
カメラ 12MP 12MP
フロントカメラ 7MP 7MP
エンジン A11 Bionic A12 Bionic
容量 64GB,256GB 64GB,256GB,512GB
防水性能 IP67等級 IP68等級
充電方式 Lightning,ワイヤレス Lightning,ワイヤレス

 

見ての通り、ディスプレイやカメラには代わりがなく、カラー、エンジン、容量防水性能が変わっています。
細かく見ていくと、他にもあるのでお伝えします。

カラー

iphoneX
iphoneX
iphoneXS

iphoneXS
iPhoneXはシルバーとブラックの2色展開でしたが、iPhoneXSはシルバー、ブラック、ゴールドの3色展開になりました。
ゴールド色はiPhone5Sの時に初めて登場し、その後人気色の1つであったので、ゴールドが好きな方は嬉しい登場ではないでしょうか。

サイズ

iphoneX iphoneXS サイズ 比較
サイズには変化は見られず、両機種ともに高さが143.6mmで、幅が70.9mm、厚さが7.7mmとなっています。

しかし、重量はiPhoneXが174gであったのに対してiPhoneXSは177gと3gほど重くなっています。なんだ3gかそれぐらい変わらないじゃんと思う方も多いと思いますが、日常的に使っているものであるので、この3gの差は意外と感じられる差です。

ディスプレイ

iphoneXS ディスプレイ
ディスプレイはiPhoneXから採用されたSuper RetinaHDディスプレイで、両機種とも同じです。

Super RetinaHDディスプレイとはAppleの公式サイトによると

コントラスト比が圧倒の 100 万対 1、輝度も高く、映画制作の標準となる広色域に対応しています。最高水準のシステムカラーマネジメントと相まって、どんなときでも色を正確に補正し、最適な視聴体験を届けてくれます。

つまり、写真や動画など明暗がある時でもいつでもその時にあった画質が見れるということです。

カメラ

①写真での変化

カメラはXから変わった機能は基本同じですが、XSはフロントカメラとカメラ両方ともで、ポートレートモードとHDRが変化しました。
ポートレートモードは背景のボケ効果が進化したのと、ボケる部分の深度が調整できるようになりました。これはポートレートの写真をより自分好みの写真に変化できるようになった機能であるので、写真好きの方には待望の機能と言えるのではないでしょうか。
また、HDRではスマートHDRに変化しました。スマートHDRは明暗差を従来のHDRよりはっきり撮影することが可能となるので、より綺麗な写真が撮れるようになりました。

実際に撮影された写真はこちらになります。

②動画での変化

Xからの変化は動画の拡張ダイナミックレンジ(30fps以下)(fpsはフレームレンジのことで、1秒に30枚の写真を重ねて動画にしている状態を30fpsとします。)ができるようになり、30fps以下の状態で動画撮影をすると、映像がより幅広く見え、明暗や色がはっきりと映るようになりました。これはフロントカメラも同様に使えます。
またステレオ録音と変化したので、臨場感のある音の再現度も上がり、より動画の質が改善されました。
これはフロントカメラの変化ですが、1080pでのHDビデオ撮影で30fpsまたは60fpsで撮影できるようになりました。

実際に撮影された動画はこちらになります。

iPhoneXで写真撮影面での質がとても上がり、そのイメージが強いですが、写真だけでなく、ビデオもiPhoneXSでは機能が向上されています。
よく写真を撮ったり、動画を撮ったりする人にはさらに機能に磨きがかかったiPhoneXSがとても魅力的です。

ストレージ

iphoneX

64GB・256GB

iphoneXS

64GB・256GB・512GB

ストレージはiPhoneXと比べて、512GBが追加されました。前述でも述べた通り写真やビデオの機能が格段と良くなっています。写真や動画撮影の好きの方などはストレージ不足に悩んだりしたことはないでしょうか。このストレージ追加は、256GBで物足りていないと感じている方や、写真や動画のバックアップがめんどくさいなど、容量をたくさん使いたい!と考えている方にはオススメです。512GBがあれば、ストレージ整理に悩まされることは一切ありません。

防水性能

iPhone 水浸し
iPhoneXの防水性能はIP67等級で、iPhoneXSのはそれの1つ上の等級のIP68等級になりました。

IP67等級というのは水深1メートルで最大30分間水に浸けていられる等級のことで、IP68等級は水深2メートルで最大30分間水に浸けていられる等級のことです。

このIP67等級というのはiPhone7からついている機能ですが、プールで使っていたら水没してしまったなどと、iPhoneが水没してしまうことが少なくともありました。

体験談になってしまうのですが、iPhoneが水没してしまうと、apple careや保証の対象外となるので、かなりの金額がかかってしまいますので、防水性能はあるに越したことはないです。

バッテリー

iphoneX iphoneXS バッテリー 比較
バッテリーはappleの公式サイトでは、iPhoneXがiPhione7より最大2時間長い駆動時間とあり、iPhoneXSはiPhoneXより最大30分長い駆動時間とされています。

連続通話時間はXが最大21時間で、XSが最大20時間とされてあったり、ビデオ再生はXが最大13時間、XSが最大14時間と、ある一部分のバッテリー駆動はXが長い部分やXSが長い部分に分かれていていまいちどちらがバッテリー持ちがよいのか判断するのが難しいです。

アメリカの非営利消費者団体が発行する雑誌の”Consumer Reports”は実際のユーザーが使うようなインターネット閲覧や写真撮影、電話などの操作を行い、iPhoneXとiPhoneXSの評価結果を発表しています。

結果は、iPhoneXが19.5時間の駆動に対して、iPhoneXSが24.5時間とXSがXを5時間も上回るという結果が出ています。

エンジン

このエンジンとは簡単にいうとIntelのCoreであったり、CPU処理を行う、チップのことです。

iPhoneXに搭載されていたA11 BionicとiPhoneXSから搭載されたA12 Bionicを比較するとA12はA11より処理速度が最大9倍高速になり、CPUの消費電力は最大50%少なくなり、グラフィックス性能は最大50%高速となっています。

Apple Pay

Apple Pay
Xから変化した点は、予備電力機能付きエクスプレスカードとなったところ1つのみです。ですがこの変化はとても大きいと思います。
なぜなら、iPhoneの電源が切れてしまったときに、この機能がありますとある程度の時間はSUICAや、QUICKPAYなどのApplePayの機能が使えるのです。

これにより、公共機関を利用中にバッテリー残量を気にしなくてもよいのです。朝に充電がない状態で出てきてしまってもしばらくはApplePayを使用することが可能になりました。iphoneXSに機種変更をしてからおサイフケータイが使えないという場面が減ったという声が多いいのは、Apple Payによってだったんです。

価格

ドコモ

★iPhone X

64GB 125,064円
256GB 販売終了

★iPhone XS

64GB 128,952円
128GB 147,090円
256GB 171,720円

価格は、機種変更の割引前のです。
新規(追加)契約、他社からの乗り換えでは端末価格が変わっています。

ドコモでは、手軽にiphoneを持つために割引キャンペーンをしています。

キャンペーンのプランによって価格に個人差があるため、購入する時にしっかり確認して下さい。

まとめ

サイズやディスプレイには変化がなく、あまりXと変わっていないのではないかと思われがちなiPhoneXSですがカラー、カメラ、防水性能、エンジン、ApplePayとわかりにくいですが、比較してみるとよくわかるくらいに大きく変化しています。
性能、カラーのバリュエーション、バッテリーのバリュエーションから考えると値段は最新機種であるので高くなってしまいますが、iPhoneXSを買うのがよいと思われます。

最後にお得に機種変更できる方法を紹介します。

機種変更お得な裏技!

機種変更お得にしたいならオンラインショップです。

オンラインショップとは

ドコモやソフトバンクが直営で運営しているネットショップです。

ドコモオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップは運営期間も長く2019年で11年を迎えています。

できることは

・機種変更
・新規契約
・ドコモ二台目追加契約
・他社からの乗り換え(MNP)
・ケースや保護フィルムのオプション品の購入

などです。

ショップや家電量販店まで行かなくってもネットでできちゃんです。

私も少しでも安く・お得に買いたいのでいろいろ調べました。
【安く買う!】スマホの機種変更 ショップ・量販店違いはどっちでするべき?

ショップや家電量販店よりも安くオンラインショップなら購入ができます。

スマホの端末は分離プランを導入されてからどこで買っても同じ値段になりました。

違うのは、頭金と事務手数料です。

頭金とはスマホの横によくこういうPOPを見かけますよね。

お店によってはお持ち帰り価格という名前の所もあります

この頭金(お持ち帰り価格)はショップによって料金が違っていて3,000円~10,000円かかります。

これがオンラインショップなら0円です、つまり無料です。

事務手数料もドコモなら2,000円~3,000円かかります。

これがオンラインショップなら0円です、つまり無料です。

頭金とお持ち帰り料金を合わせると5,000円~15,000円料金が変わります。

オンラインショップは料金だけでなく、他にもメリットがあります。

口で説明をするよりも、漫画のほうがわかりやすいためオンラインショップのメリットを漫画でご覧ください。
オンラインショップ漫画

時間もお金も節約できるドコモオンラインショップ使ってみませんか?

使ってみたら、ショップよりも簡単にできたと感想をいう人が多いです。

お金が安くなるだけでなく
・時間が節約
・24時間全国どこからでも利用可能
・長時間の待ち時間
・来店不要
・自宅、ショップ受取場所が選べる

お得な機種変更、スマホの購入場所

ドコモオンラインショップはこちら

ソフトバンクオンラインショップはこちら