iphone疑問・知識

iPhone 7 Plusの寿命:いつまで使えるか解説

iPhone 7 Plusは、2016年に発売されたAppleのスマートフォンですが、現在も多くのユーザーに愛用されています。

しかし、スマートフォンの進化は速く、次々と新しいモデルが登場しています。

そこで今回は、「iPhone 7 Plusはいつまで使えるのか?」という疑問に答えるために、iPhone 7 Plusの寿命について徹底解説していきます。

本記事には広告が表示されます。

iPhone 7 Plusのリリースから現在までの経緯

さて、まずはiPhone 7 Plusのリリースから現在までの経緯を見ていきましょう。

iPhone 7 Plusのリリース日とスペック

iPhone 7 Plusは、2016年9月にリリースされました。

当時のスペックとしては、A10 Fusionチップ、2GBのRAM、32GB/128GB/256GBのストレージ容量が用意されていました。

また、カメラ性能も向上し、1200万画素のリアカメラと700万画素のフロントカメラが搭載されています。

さらに、従来のイヤホンジャックが廃止され、Lightningコネクタを使用することになりました。

主なアップデートとiOS対応状況

iPhone 7 Plusは、リリースから現在までに何度もアップデートを受けています。

最新のiOSバージョンは、2021年9月時点でのiOS 15です。

しかし、iOS 16がリリースされると、iPhone 7 Plusはサポート対象外となる可能性があります。

過去のiOSデバイスのサポート期間を考慮すると、iPhone 7 Plusのサポート期間はそろそろ終わりに近づいていると言えます。

iPhone 7 Plusの現在の市場価格と人気

iPhone 7 Plusは、現在でも中古市場で人気があり、価格も手頃です。

2021年9月時点での中古価格は、約1万円〜3万円程度です。

そのため、予算に合わせて手に入れやすく、初めてのiPhoneとしても選ばれることが多いです。

iPhone 7 Plusの耐用年数と性能の維持

では次に、iPhone 7 Plusの耐用年数と性能の維持について詳しく見ていきましょう。

バッテリー寿命と交換方法

iPhone 7 Plusのバッテリー寿命は、一般的に2〜3年程度とされています。

ただし、使用状況によって異なりますので、必ずしも全てのユーザーに当てはまるわけではありません。

バッテリーの劣化が気になる場合は、設定アプリ内の「バッテリー」でバッテリーの状態を確認することができます。

交換が必要と判断された場合、Apple正規サービスプロバイダーやApple Storeでのバッテリー交換サービスを利用することが推奨されます。

費用は、保証期間外であれば一定の料金が発生しますが、正規の交換を行うことで安心して使用を続けることができます。

性能面での限界と劣化の兆候

iPhone 7 Plusは、最新のアプリやゲームに対応する性能を持っていますが、年々リリースされる新しいiOSやアプリの要求スペックが上がることで、徐々に限界が近づいてきます。

具体的な劣化の兆候としては、アプリの起動が遅くなったり、画面がフリーズしたりすることが挙げられます。

また、新しい機能が使えない、アプリがインストールできない、といった問題も発生する可能性があります。

修理・アップグレードの可否と費用

iPhone 7 Plusの修理やアップグレードは、一部可能です。

例えば、バッテリー交換や画面の交換は実施できますが、CPUやRAMのアップグレードはできません。

修理費用は、部品の種類や修理箇所によって異なりますが、Apple正規サービスプロバイダーやApple Storeでの修理が安全で信頼性が高いとされています。

iOSのサポートと今後の予測

次に、iOSのサポートについて及びiPhone 7 Plusに関する今後の予測を見ていきましょう。

過去のiOSデバイスのサポート期間

過去のiOSデバイスのサポート期間を見ると、おおよそ4〜6年程度が目安となっています。

iPhone 5sは、2013年にリリースされ、2020年までの7年間サポートされました。

一方で、iPhone 6は2014年にリリースされ、2020年までの6年間サポートされました。

iPhone 7 Plusの現在のiOS対応状況

iPhone 7 Plusは、現時点で最新のiOS 15に対応していますが、将来的にはサポートが終了する可能性があります。

サポートが終了した場合、新しい機能やセキュリティアップデートを受けられなくなるため、使い勝手や安全性が低下することが予想されます。

iPhone 7 Plusへの今後のiOSアップデート予測

今後のiOSアップデートに関しては、iPhone 7 PlusがiOS 16にアップデートできるかどうかは未定ですが、過去の傾向から考えるとサポート期間が終わりに近づいていることは間違いありません。

そのため、次回のメジャーアップデートでは対象外になる可能性が高いです。

iPhone 7 Plusをいつまで使えるかの結論

最後に、いつまでiPhone 7 Plusを使い続けることができるのかについて総括しましょう。

iPhone 7 Plusの寿命に関する総括

iPhone 7 Plusの寿命は、バッテリーや性能の劣化、そしてiOSのサポート期間に大きく影響されます。

バッテリーや部品の交換である程度の寿命を延ばすことができますが、iOSのサポートが終了すれば、そのデバイスの寿命もほぼ終わりと言えるでしょう。

現在の状況から推測すると、iPhone 7 Plusはあと1〜2年程度は使える可能性がありますが、その後は新しい機種への買い替えが必要になるでしょう。

代替機種の検討と推奨

iPhone 7 Plusの寿命が近づいている場合、代替機種の検討を始めるのが賢明です。

新しいiPhoneモデルは、性能や機能が向上しており、長期的に使えることが期待できます。

予算や好みに合わせて、iPhone SEやiPhone 13などの機種を検討することをお勧めします。

iPhone 7 Plusを長く使うためのメンテナンスと注意点

最後に、iPhone 7 Plusをできるだけ長く使うためには、適切なメンテナンスと注意点が重要です。

バッテリーの消耗を抑えるために、定期的な充電サイクルの見直しや、画面の明るさを適切に調整することが役立ちます。

また、アプリや写真などのデータを整理し、ストレージ容量に余裕を持たせることも、性能を維持する上で重要です。

さらに、iPhone 7 Plusのケースや画面保護フィルムを適切に使用し、落下や衝撃から守ることも大切です。

定期的にソフトウェアアップデートを行い、セキュリティを最新の状態に保つことも忘れずに行いましょう。

最後に、水濡れや過度の熱に注意して、環境に配慮した使い方を心がけることが、iPhone 7 Plusの寿命を延ばすポイントとなります。

まとめ:iPhone 7 Plusの使い道と寿命の見極め

この記事では、iPhone 7 Plusの寿命について徹底的に解説しました。

現在の状況から考えると、iPhone 7 Plusはおおよそあと1〜2年程度使えると予想されますが、その後は新しい機種への買い替えが必要になるでしょう。

適切なメンテナンスや注意点を守り、iPhone 7 Plusをできるだけ長く使い続けることが大切です。

また、代替機種の検討も始めておくことで、スムーズに買い替えができるようになります。

iPhone 7 Plusの寿命を見極めながら、最適な使い方を見つけて、快適なスマートフォンライフを送りましょう。

関連情報

iPhone8いつまで使える?アップデートやバッテリー寿命で検証

iphone8色選びで迷わない!人気カラーは何色?

iphone8とiphoneX 今から買うならどっちがいい?何が違うのかわかりやすく比較

iPhone12の寿命はいつまで?使える期間を徹底解説

iPhoneとiPad 2台持ちのメリットと活用方法

Xperia 1 IIIの耐用年数:いつまで使えるのか?
Xperia 10 IIの寿命:いつまで使えるのか?
Xperia 5 IIIいつまで使える?耐用年数と使い続けるためのヒント
Xperia 1 IIの寿命:いつまで使えるのか?
Xperia 10 IIIの使用可能期限: いつまで使えるのか?
Xperia 5 IIの寿命:いつまで使えるのか?

iPhoneはデメリットしかない?メリットも解説

iPhoneじゃないとダサいのか?スマホ選びの新たな視点

最新のiPhoneが本当に必要なのか?

iPhone7から機種変更:データ移行・次のモデルのおすすめは?

iOS14はいつまで使える?まだアップデートしなくて大丈夫なのか

iPhone15のケース互換性は?iPhone14のケースは入るのか

iPhoneの壊れる前兆に注意!簡単な対処法や買い替えの目安も解説

iPhoneは何年くらい使うべき?3年5年もつのか

-iphone疑問・知識