スマホ疑問・知識

ソフトバンクのトクするサポート+は使うべき?おすすめな人は?

ソフトバンクのトクするサポート+は、機種代金をお得にできるので、少しでも月々の支払いを抑えたい方は使うべきです。

また、分割48回払いでしか使えない仕様なので、いつもソフトバンクの機種を分割払いにしている人にはトクするサポート+はかなりおすすめです。

今回はそんなトクするサポート+について、事前に知っておくべきことをわかりやすくまとめます。

トクするサポート+のメリット・デメリットも解説しているため、ソフトバンクのトクするサポート+が気になる方は、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

ソフトバンク「トクするサポート+」とは?

ソフトバンクのトクするサポート+とは、機種代金の24回分の支払いが不要になるサービスです。最大で機種代金の半分の支払いが免除されるお得なサービスとなっています。

機種代金を少しでも抑えたい方は、トクするサポート+を使うべきでしょう。

一方で、48回払いの分割払いを使わないとトクするサポート+を使えないので、一括払いしたい方はトクするサポート+に向いていません。

「最新のスマホをなるべく安く買いたい」「いつも分割払いを使っている」という方はトクするサポート+がオススメです。

そんな、トクするサポート+の基本情報をまとめます。

  • プログラム利用料は無料
  • 申し込み不要(48回払いにすると自動適用)
  • 機種回収&買い替えで最大24か月分の支払いが不要になる
  • 2020年3月27日(金)以降に発売された機種が対象

ここからはトクするサポート+を使うなら、きちんと事前に知っておいて欲しい情報を紹介していきます。

トクするサポート+の加入方法・終了方法

トクするサポート+の加入方法は、対象の機種を48回払いの分割払いで購入することです。

トクするサポート+を加入するにあたり、ソフトバンクの回線を使う必要はありません。機種のみの購入であったとしても利用可能です。

一方、トクするサポート+の終了方法は、以下の条件に該当した場合に自動的に終了となる仕組みです。

  1. トクするサポート+で購入した機種を譲渡した場合
  2. トクするサポート+で購入した機種の残債を一括払いしたとき
  3. トクするサポート+の特典(最大24回分の支払い免除)を使ったとき

全て自動で終了となる仕組みなので、自分で何かする必要はありません。

トクするサポート+の利用条件

トクするサポート+に加入した後、以下の利用条件をすべて満たせば、トクするサポート+の特典である24ヶ月分の支払い免除を受けられます。

  1. 25ヶ月目以降にソフトバンクの対象機種を購入
  2. 古い端末をソフトバンクに返却する
  3. 端末代金支払いに未納がない

トクするサポート+の特典である24ヶ月分の支払い免除を受けるためには、まずソフトバンクの対象機種を購入しなくてはいけません。この際、もう一度トクするサポート+に加入してもOKです。

機種を購入したら、今まで使っていた端末をソフトバンクに郵送で返却する必要があります。

返却したらソフトバンクによる機種の査定があり、あまりにも機種が劣化している場合は2万2000円支払わなければいけないので注意してください。

新しい機種を購入してソフトバンクに機種を回収してもらえば、24ヶ月分の支払い免除を受けられます。

しかし、端末代金に未納があれば全てが台無しです。そのままでは24ヶ月分の支払い免除を受けられません。

もし機種代金の未納があるなら、新しい機種に変更する前に未納分を全て支払いを終えてください

トクするサポート+の1年買い替えオプション

トクするサポート+には、1年買い替えオプションがあります。

通常、トクするサポート+を使った場合、25ヶ月目以降に得点を受けられますが、オプションを使えば13ヶ月目以降に特典を受けられます。

ただし、あくまでも受けられる特典は24ヶ月分の支払い免除です。オプションを使わない通常時と一緒です。

13ヶ月目に特典を受けた場合は、12ヶ月分の支払いは続くので注意してください。つまり一年間は旧機種と新機種両方の代金を支払っていくことになります。

トクするサポート+の注意点

トクするサポート+の注意点として、最も意識しなくてはいけないのが、ソフトバンクに回収してもらう機種の状態です。

回収してもらう機種が画面が割れていたり、ボタンが効かなかったりすると、24ヶ月分の支払い免除の特典は受けられますが、22000円を別途支払わなければいけません。

ソフトバンクに回収してもらう予定の端末が以下の要素に該当しているなら、22000円別途支払うことになるかもしれません。しっかりチェックしておいてください。

  • 電源が入らない
  • スリープボタンが正常に機能しない
  • 初期化していない
  • 各種ロックがかかっている
  • 改造している
  • 筐体が変形している
  • 液晶表示に不具合(液漏れ・焼き付き等)がある
  • タッチパネルが正常動作していない
  • ガラスや筐体が破損・ヒビ割れしている
  • カメラに破損や欠陥がある
  • 各種ボタンに破損や欠陥がある

これらに1つでも該当している場合は、22000円別途に支払うことになる可能性が高いです。トクするサポート+を使うのであれば、大事にスマホを使うようにしましょう。

ちなみに以下の保証パックに入っている場合は、22,000円の支払いから減額が可能です。

  • あんしん保証パック with AppleCare Services
  • あんしん保証パックプラス
  • あんしん保証パック

減額される金額は状況や端末などに変わりますが、激減するのは間違いありません。スマホを壊しがちなのであれば、入っておいて損はないでしょう。

ソフトバンク「トクするサポート+」の対象機種

トクするサポート+の対象機種は、2020年3月27日以降に発売された中から指定された機種です。iPhoneはもちろんのこと、Android端末も対応しています。

2021年9月現在の対象機種ラインナップは、以下の通りになっています。

iPhoneシリーズ

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS
  • iPhone XSMax
  • iPhone XR
  • iPhone 8
  • iPhone 7

Google Pixelシリーズ

  • Google Pixel 5a(5G)
  • Google Pixel 4a(5G)
  • Google Pixel 5
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Google Pixel 3a
  • Google Pixel 3a XL

Androidスマートフォン

  • LEITZ PHONE 1
  • AQUOS R6
  • Xperia 1 III
  • razr 5G
  • AQUOS sense5G
  • Redmi Note 9T
  • Xperia 5 II
  • AQUOS zero5G basic
  • シンプルスマホ5
  • AQUOS R5G
  • LG V60 ThinQ 5G
  • OPPO Reno3 5G
  • ZTE Axon 10 Pro 5G
  • LG G8X ThinQ
  • AQUOS zero2
  • AQUOS sense3 plus
  • Xperia 5
  • AQUOS R3
  • arrows U
  • LG K50
  • シンプルスマホ4

iPadシリーズ

  • 12.9インチiPad Pro(第5世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad(第8世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini
  • iPad Air
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)

タブレット

  • ThinkPad X1 Fold
  • Lenovo TAB5

ケータイ

  • DIGNO® ケータイ3
  • AQUOS ケータイ3
  • かんたん携帯10

法人向けスマートフォン

  • AQUOS sense3 basic
  • DIGNO® BX
  • AQUOS sense basic

対象機種はiPhone、Androidスマホ以外にもiPadなどのタブレットやガラケーと呼ばれる携帯電話まで幅広く対応しています。

ただし、これらのラインナップは変わる可能性があるので、注意してください。

ソフトバンク「トクするサポート+」のメリット

ソフトバンクのトクするサポート+のメリットは、4つあります。

  1. 最大24ヶ月の支払いが不要になる
  2. 毎月の支払いが抑えられる
  3. 最新のハイスペック機種が対象になる
  4. 機種代金が高いほど特典がお得になる

最大のメリットは24ヶ月分の支払いが不要になる点でしょう。

また、トクするサポート+は48回払いを使うことが大前提になっているため、毎月の支払いが抑えられます。

分割払い24回払いと48回払いでは、毎月支払う額が全然違います。後者の方がかなり金額を抑えられるため、毎月の通信費が楽になるでしょう。

また、トクするサポート+は最新のハイスペック機種も対象なのが魅力です。2021年秋ごろに発売予定のiPhone 13もトクするサポート+に対応しています。

最新iPhoneの金額は100,000円を超えることも多いため、トクするサポート+の特典とは相性抜群です。

40,000円の機種を購入した場合だと、トクするサポート+の特典で20,000円分しか免除されませんが100,000円のiPhone 13を購入した場合は50,000円分が免除されます。

このようにトクするサポート+は機種代金が高いほど特典がお得になる性質があるため、機種代金が他のスマホよりも高いiPhone 13にはうってつけです。

ソフトバンクのiPhone 13を分割払いで購入しようと思ってるのであれば、トクするサポート+を使うことをおすすめします。

ソフトバンク「トクするサポート+」のデメリット

ソフトバンクのトクするサポート+のデメリットは4つあります

  1. タイミングを逃すとお得でなくなる
  2. 必ず機種が回収される
  3. 次回もソフトバンク機種を購入する必要あり
  4. オプションで二重払いになる

トクするサポート+は25ヶ月目から特典が使えます。そのため、特典を使うタイミングが遅れれば遅れるほど、どんどん損をしていく仕様です。

本来ならば25ヶ月目から支払いが免除されるにもかかわらず、26ヶ月目27ヶ月目と支払いを続けていくのですから、損をするのは当たり前と言えば当たり前です。

最もお得にトクするサポート+を使いたいのであれば、特典が使用できる25ヶ月目で使うのがベターです

また、トクするサポート+を使った場合、機種が必ず回収されるというのもデメリットの1つです。

愛着のあった機種を手放せなくければなりませんし、中古スマホとして売却することもできません。

ただし、トクするサポート+の特典を使わないのであれば、そのまま使い続けることもできます。どうしても手放すのが嫌な方は、トクするサポート+の特典を使わないようにしてください。

それと、トクするサポート+を使うと次回もソフトバンク機種を購入する必要が出てくるのもデメリットといえます。

ソフトバンクは常に最新の機種をラインナップしていますし、iPhone 13など最新のiPhoneシリーズも販売しています。

だからこそ、機種が足りないことは無いのですが、ソフトバンク以外の選択肢がなくなるのは、少々寂しいかもしれません。

最後になりますが、オプションを使うと二重払いになるのもデメリットです。

トクするサポート+のオプションである1年買い替えオプションを使うと、12ヶ月目でトクするサポート+の特典を使うことができますが、その後は今まで使っていた機種と新しい機種の分割払いが始まります。

つまり、1年間二機種分の支払いを続けていかなければなりません。オプションを使えば早く機種変更ができるますが、毎月の支払いはアップしてしまうので注意が必要です。

ソフトバンク「トクするサポート+」がおすすめな人

ソフトバンクのトクするサポート+がオススメな人は、以下に1つでも該当する方です。

  • いつも分割払いを使っている方
  • 2年程度で機種変更している方
  • 古い機種を手放してもよい方
  • 最新機種を少ない負担で手に入れたい方

いつもソフトバンクの機種を分割払いで購入している方はトクするサポート+がオススメです。トクするサポート+は、特に申し込みが必要なく48回払いにすれば適用されます。

いつもやっている分割払いがさらにお得になるので、トクするサポート+を使った方が良いでしょう。

また、2年程度で機種変更している方や、古い機種を手放しても良い方もトクするサポート+に向いています。「新しい機種を手に入れるので、古い機種はもういらない」方はトクするサポート+にぴったりです。

また、iPhone 13などの最新機種を少ない負担で手に入れたい方もトクするサポート+がオススメです。特にiPhoneシリーズは端末金額が高くなってしまうため、月々の支払い負担がきつくなります。

トクするサポート+を使えば48回払いになり、さらに端末金額の半分が免除になるため、iPhone 13などの少々高い金額の最新機種と相性抜群です。

2021年秋に発売を控えているiPhone 13を分割払いで購入しようと思っているのであれば、ぜひトクするサポート+を使ってみてください。

お得なソフトバンクトクするサポート+まとめ

お得なソフトバンクのサービスである、トクするサポート+の基礎知識や、デメリット・メリットについて紹介しました。

今まで使っていた機種をソフトバンクに回収されるデメリットはあるものの、そのデメリットを上回る大きなメリットがトクするサポート+にはあります。

特に今までソフトバンクの機種をずっと分割払いで購入してきた方には相性抜群です。

最新のiPhone 13も発売を控えていますし、トクするサポート+もiPhone 13に対応しているので使わない手はありません。

毎月の負担を抑えながら端末金額もお得にiPhone 13を購入したいと思ってる方は、ぜひトクするサポート+を使ってみてください。

トクするサポートプラス公式サイトで確認する方はこちら

iPhone・スマホお得に購入できる