iphone疑問・知識

iPhone6 を買い替えるならおすすめは何?

iPhone6を買い替えるならおすすめは何かまとめたページです。

iPhone6はリリースから数年が経ち、多くのユーザーが新しいiPhoneへの買い替えを検討しています。

本記事では、iPhone6の買い替えを考えている方に、どのモデルが最も適しているのかを紹介します。

本記事には広告が表示されます。

iPhone6 を買い替えるならおすすめは何?

iPhone6からの買い替えを考える際には多くの選択肢があります。

コストパフォーマンスを重視する場合、中古市場を選択肢に入れると、以下の3つのモデルがおすすめです。

iPhone6買い替えのおすすめモデル1.中古iPhone11

iPhone11は、デュアルカメラや夜景モードなど、カメラ機能が大幅にアップグレードされたモデルです。

A13 Bionicチップを搭載しているため、処理速度も非常に速くなっています。

中古市場では手頃な価格で手に入るので、初めての中古デバイス購入を考える方におすすめです。

iPhone6買い替えのおすすめモデル2.中古iPhone12

iPhone12は、5Gに対応し、デザインが一新されたモデルです。

MagSafeやCeramic Shieldという新技術も導入され、耐久性や拡張性が向上しています。OLEDディスプレイも鮮やかで、色の再現性も高いです。

価格も徐々に手頃になってきており、中古市場で比較的新しいモデルを買う時の選択肢として注目されています。

iPhone6買い替えのおすすめモデル3.中古iPhone13

iPhone13は、さらにカメラ機能が進化し、写真や動画のクオリティが大幅にアップしています。

A15 Bionicチップにより、処理速度やエネルギー効率も向上しています。

バッテリー持続時間も延びており、1日を通して快適に使用可能です。

中古市場でも人気が高く、ほぼ最新の機能を求める方に特におすすめのiPhoneです。

iPhone6から買い替えを選ぶときのポイント

iPhoneを買い替える際のポイントは多岐にわたります。

自分の好みや使用目的に合わせて、以下のポイントを参考に選んでみてください。

人気のカラーバリエーションを意識する

近年のiPhoneは、カラーバリエーションが増えてきています。

例えば、iPhone12では新色のパープルが追加されたり、iPhone13ではピンクが新たにラインナップされました。

自分の好みの色や、流行の色を意識して選ぶことで、よりおしゃれなiPhoneライフを楽しむことができます。

サイズ感で選ぶ

iPhoneのサイズは、モデルごとに異なります。

例えば、iPhone12 Miniは小さめで持ちやすく、iPhone13 Pro Maxは大画面で映像を楽しむのに適しています。

手のサイズや、どれだけ大画面が好みかによって、最適なサイズを選ぶことが大切です。

デザインで選ぶ

デザインは人それぞれの好みがあります。

iPhone12シリーズは、角ばったデザインが特徴的です。

一方、iPhone11シリーズは、丸みを帯びたデザインが特徴です。

自分の好みに合わせて、デザインを選んでみましょう。

持ちやすさや操作感を重視する

持ちやすさや操作感も大切な選び方の一つです。

大画面モデルは、片手操作はしにくいものの、動画視聴やゲームには最適なデバイスと言えるでしょう。

反対に、小さい画面のモデルは、片手操作がしやすく、持ち運びも楽です。

普段の使い道や、好みで選ぶのが良いでしょう。

iPhone6から買い替えるタイミングとお得な方法

iPhone6を使っている方が、新しいiPhoneに買い替える際の最適なタイミングや、お得に手に入れる方法を紹介します。

iPhone6からの買い替えを考える最適な時期

iPhone6は、リリースからかなりの時間が経過しています。

新しいiOSのアップデートが受けられなくなったり、インストールしているアプリも動作対象外になったりする可能性があります。

そのため、使い心地が重たくなったり、バッテリーの持ちが悪いなら、そろそろ買い替えを検討するべきでしょう。

Appleが新しいiPhoneを発表する9月前後は、旧モデルの価格が玉突き式に下がるタイミングとなりやすいので、お得に買い替えるチャンスです。

トレードインや下取りでお得に新しいiPhoneを手に入れる

Apple公式や一部のキャリアでは、古いiPhoneを下取りに出すことで、新しいiPhoneを割引価格で購入することができるトレードインサービスがあります。

これを利用することで、新しいiPhoneをよりお得に手に入れることができます。

ただし、iPhone6はかなり前の端末なので、公式下取りサービスの対象外である可能性もあります。

その場合は、古いスマホの下取り専門業者なども検討してみましょう。

キャンペーンやセール時期をチェックする

年末年始や特定のセールイベント時には、キャリアや家電量販店で特別なキャンペーンやセールが行われることがあります。

そのタイミングでの購入を狙うと、通常よりもお得に新しいiPhoneを手に入れることができるでしょう。

iPhone6の買い替えサイクルのおすすめ

一般的に、iPhoneの買い替えサイクルは3年前後と言われています。

iPhone6のようにリリースから長い時間が経過している場合、買い替えを早めに検討するのが良いでしょう。

新しいモデルには多くの新機能があり、より快適なスマホライフを送ることができます。

買い替えた後の古いiPhone6の活用方法

iPhone6を新しいモデルに買い替えた後、古いiPhone6をどうするか迷うことがあるでしょう。

しかし、そのまま捨てるのはもったいないですから、古いiPhone6を活用するための方法を紹介します。

  • 予備のスマートフォン: 万が一新しいiPhoneが壊れたり、失くしたときのために、予備として持っておきましょう。
  • 音楽・動画プレーヤー: iPhone6を音楽や動画プレーヤー専用端末として利用できます。大容量の音楽や動画を保存して、外出や旅行の際に活用できます。
  • 子供や高齢者の初めてのスマホ: 子供や高齢者に初めてスマホを渡す際、古いiPhone6を再利用すれば、操作方法を覚える練習としても利用できます。
  • 売却して現金化: 中古スマートフォンの買取サービスを利用して、iPhone6を売却することで、キャッシュを手に入れることができます。

iPhone6と最新のiPhoneの違い

iPhone6と最新のiPhoneは、デザインや性能、機能面で大きな違いがあります。

以下に、その主な違いを解説します。

iPhone6と新しいiPhoneのデザインの違い

iPhone6の頃のデザインは、丸みを帯びたものが特徴でした。

しかし、最新のiPhoneでは、角ばったデザインや、背面のカメラの配置や凹凸、カメラの数などが大きく変わっています。

また、ホームボタンがないデザインや、Face IDに対応しているモデルも多くなっています。

スピードやバッテリーの違い

最新のiPhoneは、A15 Bionicチップなど、最新のプロセッサを搭載しているため、処理速度が非常に速くなっています。

また、バッテリーの持ちも向上しており、一日を通して使っても充電が切れにくくなっているのがメリットです。

iPhone6からのカメラのアップグレード

最新のiPhoneのカメラは、夜景モードや超広角レンズ、光学手ブレ補正など、多くの新機能やアップグレードが加わっています。

新しいiPhoneなら、より綺麗な写真や動画を撮影することができます。

最新のiOSの特徴とiPhone6の対応性

最新のiOSは、多くの新機能や改善点が追加されています。

例えば、ウィジェットのカスタマイズや、アプリライブラリなどが新たに導入されています。

iPhone6は古い端末なので、最新のiOSのアップデートを受けられない場合があります。

アップデートを受けられないとなれば、セキュリティ面の不安ですから、そろそろ買い替えを検討すると良いでしょう。

まとめ: iPhone6を買い替えるならこれを選ぼう

iPhone6からの買い替えを検討する際には、自分の使用目的や好み、予算に合わせて新しいモデルを選ぶことが大切です。

新しいiPhoneには多くの新機能がありますので、買い替えれば、より快適なスマートフォンライフを送ることができるでしょう。

買い替えた後の古いiPhone6も、そのまま放置せず上手に活用することで、さまざまな場面で役立ててみてください。

関連情報

最新のiPhoneが本当に必要なのか?

iPhoneのストレージ容量選び:128GBと256GBどちらが適切か

iPhone11はいつまで使える?寿命とサポート期間を解説

iPhone7の寿命:いつまで使えるのか徹底解説

最新OPPOスマホ評判まとめ:2023年モデル比較と選び方

iPhone買うならどこ?最適な購入場所を徹底比較

-iphone疑問・知識