iphone疑問・知識

iPhone6の寿命:いつまで使えるのか

スマートフォン市場で一世を風靡したiPhone6は、2014年に発売されました。

以降、iPhoneシリーズは新機能を加えながら進化し続けていますが、iPhone6のような古いモデルを今でも愛用しているユーザーも少なくないです。

そこで、iPhone6の寿命や現在の使い道、代替案について調べてみました。

iPhone7の寿命:いつまで使えるのか徹底解説
iPhoneの充電が急に1%まで減る問題を解決する方法

本記事には広告が表示されます。

iPhone6の発売日と歴史

iPhone6は、2014年9月に発売されました。iPhone6は、従来のiPhoneよりも大型化され、初めてApple Payに対応した。また、同時に発売されたiPhone6 Plusは、より大型な画面を持ち、タブレットに近いスクリーンサイズを実現しました。

iPhone6の発売後、Appleは毎年新しいモデルを発売しており、機能や性能が向上しています。iPhone7以降はイヤホンジャックが廃止され、Face IDやワイヤレス充電に対応し、プロセッサの性能も向上しています。

iPhone6いつまで使えるのか

iPhone6いつまで使えるのかを複数の要素から検証してみます。

iOSアップデートの対応状況

iPhone 6は、発売から7年以上経過したため、現在では最新のiOSアップデートに対応していません。2021年現在、iPhone 6が対応するiOSバージョンはiOS 12までとなっています。

これは、Appleが提供するiOSのサポート期間に基づいたものであり、iPhone 6がリリースされた当時の最新バージョンであるiOS 8からのサポート期間が約5年であることから、2020年にサポートが終了したと考えられます。

iPhone6の最後のサポートされたiOSバージョン

iPhone 6の最後のサポートされたiOSバージョンであるiOS 12は、2018年にリリースされました。iOS 12は、iOS 11に比べて安定性が向上し、パフォーマンスが改善されています。

しかし、iPhone 6のハードウェアスペックの限界により、iOS 12でのパフォーマンスは完全には改善されていないという声もあります。

今後のiOSアップデートへの影響

iPhone 6がサポートされなくなったことにより、今後はセキュリティに関する問題が発生する可能性があります。例えば、新たに発見された脆弱性に対する修正が行われなくなるため、悪意のある攻撃者による攻撃リスクが高まります。

また、iPhone 6で利用できるアプリケーションが限定される可能性があり、最新機能を利用できないことも懸念されます。

iPhone6のバッテリー寿命

iPhone 6のバッテリー寿命は、使用状況によって異なりますが、一般的には約2年程度と言われています。また、使用頻度や温度などによってもバッテリー寿命に影響が出るため、注意が必要です。

なお、iPhone 6のバッテリーを交換する場合、Apple Storeや認定修理業者に依頼することができます。バッテリー交換の料金は、Apple Storeでの交換が正規価格で約8,000円前後、認定修理業者での交換が約5,000円前後となっています。

iPhone6を使い続けるためのアイデア

iPhone6の寿命について調べた上で、まだ現役で使い続けたいという人もいるでしょう。そこで、本章ではiPhone6の使い道を紹介します。

iPhone6はもう少し使いたいけれど、使い勝手が悪くなってきたと感じる方もいるかもしれません。そこで、次のようなアイデアを試してみてはいかがでしょうか。

  • バッテリー交換:バッテリーが劣化している場合は、バッテリー交換をすることで使い勝手が改善されます。
  • ケース交換:傷や汚れが目立つ場合は、ケースを交換することで見た目を美しく保つことができます。
  • iOSの最新バージョンにアップデートしない:iPhone6は最新のiOSバージョンには対応していませんが、最新バージョンにアップデートすると動作が遅くなる場合があるため、古いバージョンのまま使うことも考えられます。

用途に合わせたカスタマイズ方法

iPhone6は今後、最新のアプリやソフトウェアに対応しない場合があるため、カスタマイズすることで使い勝手を向上させることができます。例えば、次のような方法があります。

  • ウィジェットを使う:iOS8から導入されたウィジェット機能を使うことで、よく使う機能をホーム画面に配置することができます。
  • ショートカットを作る:ショートカット機能を使うことで、よく使う機能をまとめてアクセスしやすくすることができます。
  • アプリのバージョンを落とす:最新のバージョンに対応しない場合は、過去のバージョンをダウンロードすることで使い続けることができます。

セキュリティ対策の強化

iPhone6を使い続ける場合、セキュリティ上のリスクが高まる可能性があります。そこで、次のような対策を講じることが重要です。

  • スクリーンロックを有効にする:iPhone6では指紋認証機能は搭載されていませんが、スクリーンロックを有効にすることで、スマホを紛失・盗難された場合でも第三者に個人情報を見られる心配がありません。
  • iCloudバックアップを定期的に取る:iPhone6のバッテリーの劣化や故障などでデータが失われた場合、iCloudバックアップによって大切なデータを復元することができます。
  • 不要なアプリを削除する:不要なアプリが多くインストールされている場合、スマホの動作が遅くなったり、ストレージ容量が圧迫されたりすることがあります。定期的に不要なアプリを削除することで、スマホのパフォーマンスを向上させることができます。

こだわりがないなら新しいiPhoneを購入したほうがよい

iPhone6を使い続けることにはいくつかのデメリットもあります。例えば、iOSのアップデート対応状況が限られているため、最新の機能やセキュリティ対策を利用することができないことが挙げられます。

また、プロセッサ性能やカメラ性能が比較的低いため、最新のアプリやゲームを快適に利用することが難しい場合もあります。

以上のように、iPhone6を使い続けるためには、適切なメンテナンスやセキュリティ対策が必要です。一方で、iPhone6にはいくつかの制限があるため、最新のスマホに買い換えることも検討する必要があるでしょう。

iPhone新作:スペック・価格・発売日の傾向
iPhone8いつまで使える?アップデートやバッテリー寿命で検証
iPhone6Sの寿命:いつまで使えるのか徹底解説
iPhone15 待つべきか?次世代スマホの購入タイミングを徹底解説
iPhoneをキッズケータイに変身させる方法
iPhoneの使用年数を調べる方法:簡単な手順とポイント

Xperia 1 IIIの耐用年数:いつまで使えるのか?
Xperia 10 IIの寿命:いつまで使えるのか?
Xperia 5 IIIいつまで使える?耐用年数と使い続けるためのヒント
Xperia 1 IIの寿命:いつまで使えるのか?
Xperia 10 IIIの使用可能期限: いつまで使えるのか?
Xperia 5 IIの寿命:いつまで使えるのか?

最新のiPhoneが本当に必要なのか?

iPhone6から機種変更:データ移行・次のモデルのおすすめは?

iOS12はいつまで使える?まだアップデートしなくて大丈夫なのか

iPhoneの寿命は5年?過ぎるとどうなるか

Android12の使用期限:いつまで使えるのか?

-iphone疑問・知識