iphone疑問・知識

iPhoneをキッズケータイに変身させる方法

スマートフォンが今や私たちの生活に欠かせないものとなり、子供たちも自然とその影響を受けて、スマホを持つことが当たり前になってきました。

しかし、子供がスマートフォンを使う際には、様々なリスクが伴いますし、新しく端末を準備するのはコストもかかります。そこで、子供に適したケータイとして、iPhoneをキッズケータイに変身させる方法をご紹介します。

この記事では、iPhoneをキッズケータイにする理由、必要な準備、機能制限の設定方法、子供向けアプリの紹介、そして効果的な利用法について解説します。

保護者の方々にとって、子供たちに安全で楽しいキッズケータイを提供するための助けになれば幸いです。

なぜiPhoneをキッズケータイにするのか

キッズケータイを新規契約しようとすると、どうしても費用がかかります。

自宅で眠っているiPhoneをおさがりでキッズケータイにできれば、新しく端末を準備する必要がありません。

最初から子供用になっているキッズケータイとは違い、一般消費者向けに発売されているiPhoneをそのまま与えるのは不安ですよね。

ところが、iPhoneは設定次第でキッズケータイの代わりにできる機能がたくさん備わっているんです。

子供の安全と安心を守る

iPhoneをキッズケータイにすることで、家族もiPhoneを使っている場合に安全面でも期待ができます。

iPhoneなら「iPhoneを探す」機能が搭載されているので、紛失や万が一の時にも心強いのがメリットです。

キッズケータイでもGPSでの管理はできますが、親も同じキャリアである必要があるなど、便利な反面で制限もあります。

iPhone同士なら余計な契約をせずに、スマホを共有できますよ。

家族で共有できる利点

キッズケータイに変身させたiPhoneでは、子供がアクセスできるアプリや機能を制限することができます。

たとえば有料コンテンツを勝手に契約できないように、子供のIDと紐づける「ファミリー共有」の機能を使って、課金を制限することも可能です。

また「スクリーンタイム」の機能を使えば、スマホやアプリを使用しない時間を設定し、利用時間を制限することも可能です。

これにより、子供たちが安全にスマートフォンを楽しむことができ、保護者も安心してiPhoneを渡せます。

iPhoneをキッズケータイにする前の準備

iPhoneをキッズケータイにする前に、いくつかの準備が必要です。

必要なアクセサリを揃えたり、デバイスのバックアップを取ることで、安全にiPhoneを子供に渡すことができます。

SIMカードを準備

古い端末を再利用するなら、お好きな携帯会社でSIMカードを準備しておきましょう。

家で使うだけなら無くてもかまいませんが、外でもキッズケータイ代わりに使うなら、通信可能な状態にする必要があります。

月額料金が安く、データ使用量が適しているものを選ぶと良いでしょう。

SIMカード到着後のセットアップなどは、各携帯会社の案内に従って行いましょう。

古いiPhoneのバックアップを取る

子供にiPhoneを渡す前に、デバイスのバックアップを取っておくことが重要です。

これにより、過去のデータを失うリスクを減らすことができます。

子供が使わなくなった時にデータを戻すこともできます。

iCloudやiTunesを使って、バックアップを取っておきましょう。

古いiPhoneを初期化

古いiPhoneをキッズケータイとして再利用するなら、家で余っているiPhoneを初期化しておきましょう。

子供用に新しいiPhoneを準備する場合は不要です。

必要なアクセサリを揃える

子供がiPhoneを使う際には、落としたり、衝撃を受けたりするリスクがあります。

そのため、頑丈なケースや保護フィルムなどでスマホへの衝撃を緩和できるように、あらかじめ準備しておきましょう。

お気に入りのケースを子供と一緒に選ぶのもおすすめです。

自分のスマホという感覚が芽生えた方が、iPhoneを大切に扱ってくれるでしょう。

子供のアップルIDを設定

13歳未満の子供は、自分でアップルIDを作成できないようになっています。

ただし、親が「ファミリー共有」の機能を使えば、子供のアップルIDを作れます。

親のiPhoneで「ファミリー共有」の設定から「メンバーを追加」を選び、子供のIDを作りましょう。

iPhoneの機能制限を設定する

子供に安全なスマートフォン環境を提供するためには、iPhoneの機能制限を設定することが重要です。

以下の方法で、適切な制限を設けることができます。

ファミリー共有(位置情報)

子供のアップルIDを作成したときと同様に、ファミリー共有機能で位置情報の共有設定を行うことができます。

これを設定しておくと、子供のiPhoneがどこにあるか、親のスマホから確認することができます。

スクリーンタイムの活用

iPhoneには、「スクリーンタイム」という機能があります。

これを使って、子供のスマホ利用時間や、アプリの利用を制限することができます。

コンテンツとプライバシーの制限

スクリーンタイムの「コンテンツとプライバシーの制限」機能を使うことで、子供がアクセスできるコンテンツを制限します。

アップルストアやWebサイトの不適切な内容を使えないように制限することができます。

休止時間の制限

また、スクリーンタイムを使って、画面を見ない時間帯を設定することが可能です。

たとえば、夜9時から朝の7時までは画面を見ないように、時間をあらかじめ設定しておけば、使いすぎを防ぐことができます。

アプリ利用時間の制限

対象となるアプリを、個別もしくは一括で利用時間に制限をかけることもできます。

制限を超えて使う場合は保護者の許可が必要になるため、アプリの遊びすぎや動画の見すぎなどを防止できます。

子供向けのアプリをインストールする

キッズケータイとして使うiPhoneには、子供向けのアプリをインストールするのもいいですね。

子供たちは楽しく学びながら、スマートフォンを有意義に使うことができるでしょう。

ただしアプリを使う時は、先ほど紹介したスクリーンタイム機能で、利用時間を決めておくのがおすすめです。

教育・知育アプリ

数学や言語学習、プログラミングなど、さまざまな教育・知育アプリがあります。

無料のものでも十分楽しめるアプリがありますから、子供の興味や学習レベルに合わせて選びましょう。

ゲーム・エンターテインメントアプリ

子供向けのゲームやエンターテインメントアプリも多くあります。

ただし、利用時間や内容に注意して、適切なアプリを選ぶことが重要です。

コミュニケーションアプリ

年齢があがってきたら、家族と連絡を取り合うために、コミュニケーションアプリをインストールするのもアリでしょう。

使い方を決めて、LINEなどのコミュニケーションアプリを入れてやりとりしてみましょう。

iPhoneキッズケータイを効果的に利用するためのアドバイス

iPhoneをキッズケータイにした後も、効果的な利用方法を教えることが重要です。

以下のアドバイスを参考に、家族でスマートフォンを楽しく使いましょう。

家族でルールを決める

スマートフォンの利用に関するルールを家族で決めましょう。

利用時間や場所、アプリの使用について話し合い、共通の理解を持つことが大切です。

保護者とのコミュニケーションを大切に

子供がスマートフォンを使う際には、保護者とのコミュニケーションを大切にしましょう。

何か問題が起きた場合や、分からないことがある場合には、気軽に相談できる環境を作りましょう。

オンラインの安全を確保する

インターネットの世界には、さまざまなリスクが存在します。

オンラインの安全を確保するために、以下のポイントに注意しましょう。

  • 不審なサイトやアプリに引っかからないように制限をかける
  • 個人情報を適切に管理し、無闇に人と共有しない
  • オンライン上の友達や知り合いとの距離感を保つ
  • トラブルに巻き込まれた場合は、すぐに保護者に相談する

まとめ

この記事では、iPhoneをキッズケータイに変身させる方法について、理由や準備、機能制限の設定、子供向けアプリや効果的な利用法について解説しました。

これらの情報を参考に、保護者の方々は子供たちに安全で楽しいスマートフォン体験を提供できるでしょう。

スマートフォンは便利なツールですが、使い方次第でリスクも伴います。

家族で協力し、適切なルールを設けることで、子供たちが安心してスマートフォンを使える環境を整えましょう。

関連情報

ドコモのiPhone 13(mini・Pro・Max)入荷待ちどれくらいかかるか?入荷連絡確認方法

docomo Certified(ドコモ認定リユース品)解説:お得な中古スマホを購入できる

ドコモの旧料金プランから新料金プラン変更のタイミングいつがお得?損な時期は?

家電量販店員に聞いた! スマホを買うとき気をつけたい9個のこと

iPhone8いつまで使える?アップデートやバッテリー寿命で検証
iPhone6Sの寿命:いつまで使えるのか徹底解説
iPhone15 待つべきか?次世代スマホの購入タイミングを徹底解説
iPhoneをキッズケータイに変身させる方法
iPhoneの使用年数を調べる方法:簡単な手順とポイント

-iphone疑問・知識