au

auの審査基準は?審査落ちの理由と対処法

auで契約や機種変更をする際に審査が必要です。

無事、審査が通れば契約や機種変更ができます。

審査と聞き不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では

  • auの審査基準
  • auの審査の種類
  • auの審査落ちの理由と対処法

についてご紹介します。

 

auで行われる審査の審査基準は非公開

auで行われる審査の審査基準は非公開です。

auのみならず他の通信会社も審査基準は非公開です。

明確な審査基準がないため審査に通ると思っていても

落ちてしまうこともあります。

分割払いの方が審査が厳しい

auの審査は分割払いの方が厳しいです。

同じスマホを購入する際も一括払いよりも

分割払いで審査落ちになる可能性が非常に高いです。

なぜなら分割払いは毎月決まった金額を支払う必要があるため

auは「きちんとお金を払ってくれるユーザーかどうか?」を

重視しているからです。

ですのでauは分割払いの審査を厳しくしています。

auで行われる主な審査は2種類

auで行われる主な審査は

  • auによる審査
  • 信用情報機関による審査

この2種類あります。

auは新しいユーザーが増えても

決められた期日までにきちんと料金を支払ってくれなければ

経営がうまくいかなくなります。

そのために契約する前に審査を行い、

契約しても問題ないかどうかを調べます。

auによる審査

auによる審査は

  • auの支払いの未払いや延滞がないか
  • 1回線で3回線以上の分割を組んでいないか

などのauの支払いや回線の上限などについて審査されます。

一般的には毎月、滞りなく料金を支払っていれば問題ありません。

信用情報機関による審査

信用情報機関による審査は

ローンやクレジットカード、消費者金融などの支払いを

毎月、滞りなく支払っているかどうかを審査します。

auの支払いを毎月、滞りなく支払っていても

ローンなどの支払いに遅延があると

auには「このユーザーは支払いが遅れる可能性がある」と

思われてしまい審査に落ちやすくなります。

しかしきちんと期日を守り決められた額を

毎月、支払っていれば

良い情報として残るので信用が高くなるので

auの分割払いの審査も通りやすくなります。

  • CIC(株式会社 シー・アイ・シー)
  • JICC(株式会社 日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行 個人信用情報センター)

これら3つの信用情報機関に照会をし審査しています。

それぞれの信用情報機関の特徴をご紹介します。

クレジットカードやローンに関するCIC

CICは 主にクレジットカードやローンの信用情報機関です。

CICにはクレジットカードやローンを申し込みや契約した内容や

支払い状況や残高などが登録されています。

数か月間の支払いの遅延などの情報は

最低でも5年間残ります。

消費者金融に関するJICC

JICCは 主に消費者金融などのキャッシング利用が中心となる

信用情報機関です。

JICCの加盟社数は1,316社と信用情報機関の中で最も多いです。

JICCには消費者金融の返済状況などが登録され

1~5年以内の返済情報が残ります。

銀行系ローンに関するKSC

KSCは銀行系ローンの信用情報機関です。

銀行系ローンは住宅ローンや教育ローン、カーローンなどの

目的に応じたローンが多いです。

KSCには支払いに関する情報は5年以内の期間で

情報が残ります。

auの審査落ちの7つの理由と対処法

auの審査基準は明確ではないので

審査に落ちた理由も教えてもらえない事も多いです。

審査落ちの理由は主に7つあります。

  • auの支払いの滞納や未納歴がある
  • 強制解約になった経験がある
  • 年収とローンのバランスが悪い
  • スマホの契約や解約の繰り返し
  • 金融事故の経験がある
  • 10万円以上の機種購入
  • My auでの口座が未設定

それぞれの審査落ちの理由と対処法をご紹介します。

auの支払いの滞納や未納歴がある

auの支払いの滞納や未納歴があると

審査に落ちやすくなります。

auはきちんと毎月、料金を支払ってくれる

ユーザーと契約をしたいので

未納や滞納があれば信用がないと思われます。

口座の残高が足りなかったり

クレジットカードの引き落としを忘れていると

未納となります。

そのまま何か月も支払わなければ滞納となるので

「支払ってくれないユーザーではないのか?」と信用が低くなります。

auの支払いの滞納や未納歴がある場合の対処法

auの支払いの滞納や未納歴がある場合の対処法は

とにかく滞納や未納を解消することです。

auで機種変更をする際に支払いの滞納や未納が原因

と店員さんに言われたら

その場で未納や滞納分の料金を支払うと

審査に通る場合もあります。

過去に滞納や未納歴があれば今は

機種変更をするのが難しいかもしれません。

一括払いで購入するか、しばらく経ってから

また審査に通るかどうか試してみてください。

強制解約になった経験がある

auを強制解約になった経験があると審査に落ちます。

数か月分の料金を滞納していると強制解約となります。

強制解約の前には回線が停止するので

支払いをしていないことは気づくはずですが

そのまま放置をすると督促状が届き、

それでも支払いをしなければ、

強制解約通知が届きます。

強制解約通知が届いても支払わなければ強制解約になります。

auは料金を支払わない悪質なユーザーであるとみなし

今後のau関連サービスの契約が難しくなります。

強制解約になった経験がある場合の対処法

強制解約になった経験があれば審査に通ることが少ないですが

店頭で預託金を預ければ審査に通る場合もあります。

預託金とは5万円などのまとまった金額をauに預け、

もし未納が発生した場合は預託金から支払いに充てます。

しかし預託金を預ければ必ず、審査に通るということではありません。

店員さんの判断次第ですので預託金の提案がなければ

今後、契約することは難しいです。

強制解約となった情報がいつになれば削除されるという

明確な情報はありませんので

どうしてもauで契約したい場合は

数年後にまた契約をしてみて審査に通るかどうか試してみるしか

方法がありません。

年収とローンのバランスが悪い

年収とローンのバランスが悪いと審査落ちしやすくなります。

ローンには年収に応じた限度額があり

限度額ギリギリの利用や

複数社からローンやキャッシングをし年収に対し借入の割合が大きいと

機種代の分割審査に落ちるリスクが高いです。

auは遅れずに料金を支払ってくれるのだろうか?と思うため

審査落ちしやすくなります。

年収とローンのバランスが悪い場合の対処法

年収とローンのバランスが悪い場合の対処法は

未納や滞納なくローンやキャッシングの利用額を支払い

借入額を減らすか

一括払いで機種を購入すると審査に通りやすくなります。

スマホの契約や解約の繰り返し

スマホの契約や解約を繰り返していると審査に落ちやすくなります。

なぜなら 転売目的での契約ととらえられてしまったり

すぐに解約するユーザーと思われてしまうからです。

転売目的ではなくてもキャンペーン割引を狙い

頻繁に他社への乗り換えをしていたり

過去120日間以内に2回線以上の解約がある場合は注意が必要です。

スマホの契約や解約を繰り返ししている場合の対処法

スマホの契約や解約を繰り返ししている場合は

最低でも6か月以上期間を空けてから

審査をしてもらうのが良い方法です。

しかし6か月毎に契約や解約を繰り返していると

悪質なユーザーと思われてしまいます。

可能であれば1年以上の期間を空けると

審査に通りやすくなります。

金融事故の経験がある

金融事故の経験があると審査落ちしやすくなります。

金融事故とは自己破産、債務整理、代位弁済などの

返済をすべきお金を返済しなかったことにより問題が発生することを指します。

現在はきちんと支払いをしていても

過去に金融事故があった事で信用がない人と思われてしまいます。

金融事故の経験がある場合の対処法

金融事故は信用情報機関に最長で5年間、登録されます。

金融事故の経験があると信用情報機関に登録されている間は

auとの契約の審査に落ちてしまいます。

機種を一括払いで購入しても、毎月の料金の支払いを

滞りなく行えるのだろうか?と思われるので審査に通るのは難しくなります。

しかし店頭の場合は、

金融事故から数年経っているとauスタッフの判断次第では

審査に通ることもあります。

10万円以上の機種を分割購入

iPhoneなど 10万円以上の機種を分割購入をすると

審査落ちしやすくなります。

この10万円以上とは割引などを入れない販売価格を指します。

auは10万円以上の機種に対し数年間、機種代をきちんと支払い続けられるか?

を見るための「丁寧な審査」という

厳しい審査を課しています。

10万円以上の機種の分割購入の場合の対処法

10万円以上の機種を分割購入する際の審査に落ちる場合は

10万円以下の機種で分割購入するか

一括で機種を購入した方が審査に通りやすいです。

しかし一括で購入する場合、まとまったお金が必要となるので

クレジットカードで分割を組むのもおすすめです。

しかしクレジットカードの利用状況によっては

分割を組めない可能性もあるので注意してください。

My auでの口座が未設定

My auでの口座が未設定だと審査に落ちることもあります。

毎月の料金をコンビニ払いで支払っている人が

機種変更をしようとすると支払い方法の変更を求められます。

口座設定をしていないと審査に落ちてしまいます。

My auでの口座設定かクレジットカードから引き落としをすると

その他に問題がなければ審査に通ります。

コンビニ払いは手数料として300円かかってしまうので

口座引き落としかクレジットカードから引き落としの方がお得です。

引き落とし日までに口座の残高を確認したり

クレジットカードの利用状況を把握しておく必要はありますが

コンビニに行かなくても良いので楽です。

auの審査は事前に通るか確認できない

auの審査は事前に通るかどうか確認できません。

住宅ローンなどは実際の審査に近い状態で

シミュレーションをし審査に通る可能性が高いかどうか調べられますが、

auはそのような方法はありません。

auの店頭、オンラインショップ両方とも審査に通るかどうか教えてくれません。

auでの審査が通るか不安な人は1度、審査をしてもらいましょう。

もし審査落ちしたら自分の支払い状況などを確認してみたり

対処法を実践してみてください。

auの審査基準は非公開|審査落ちの理由を知り対処法を実践しよう

auの審査基準は非公開です。

しかし審査に落ちた際は審査落ちの主な理由や対処法を知り

次の審査に繋げられます。

審査基準が分からないからといって、契約するのをやめないで

ぜひ審査に通るか試してみてください。