スマホ疑問・知識

1円スマホ・iPhoneはドコモにあるのか調査【2024最新】

日本において新たな規制が施行され、44,000円を超える割引が不可能となった現在、その影響を受ける製品の一つとして、かつて「1円」という手軽な価格設定で国内市場をリードしている、ドコモのスマートフォンの現状について調査を行いました。

たとえば、ドコモiPhone14。以前は非常に手頃な価格で提供されていましたが、新規制の影響をどのように受けているのか、その詳細を調査してみることにしました。

本記事には広告が表示されます。

現在1円スマホ・iPhoneはドコモにない

現在1円スマホ・iPhoneはドコモにないです。これはあらたな規制の影響でしょう。

しかしドコモでは「いつでもカエドキプログラム」に新たな早期利用特典が加わり、1~2年以内に製品を返却することで、iPhone14の場合、最大86,680円の支払いが免除されるようになりました。

これは、購入後早期に機種変更を考えるユーザーにとって魅力的なオプションとなっています。ただ、iPhone14が1円スマホになるまでの割引にはなっていません。

ちなみに、auは「スマホトクするプログラム」を提供しており、特に早期利用特典は用意されていません。割引は22,000円までですが、2年間の継続使用を前提とした場合、コストパフォーマンスが高い選択肢となります。

そして、ソフトバンクは最近発表された「新トクするサポート(バリュー)」を早速導入しており、1年後の返却を条件にしているものの、支払い総額が実質1円になる点を強調しています。これにより、ソフトバンクは引き続き1円での提供を継続しており、ユーザーにとっては非常に魅力的なオファーとなっています。

ドコモでは当分1円スマホ・1円iPhoneはなさそう

日本の主要携帯電話会社が提供する「iPhone 14(128GBモデル)」の販売戦略には、それぞれの特徴が明確に表れています。

ソフトバンクは実質1円という非常に魅力的な価格設定を提供しており、これにより大きなユーザー獲得を狙っています。その低価格とインパクトのあるキャンペーンは、消費者にとって非常に魅力的な選択肢です。

ドコモでは、最大44,000円の本体割引が提供されており、長期にわたって端末を利用するユーザーにとっては最もコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

一方で、auは従来の姿勢を維持しています。今後、auがどのような戦略を採るかは注目されています。ドコモやソフトバンクのように早期返却プログラムを導入するのか、あるいはiPhoneではない特定の機種に対して大幅な値下げを行い、積極的な販売戦略を取るのか、今後の動向が楽しみです。

関連情報

小さいiPhoneがなぜ出ないのか?その理由と今後の可能性

iPhoneの使用年数を調べる方法:簡単な手順とポイント

iPhoneをキッズケータイに変身させる方法

iPhoneの充電が急に1%まで減る問題を解決する方法

【2023年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちiPhoneにしよう

-スマホ疑問・知識