iphone疑問・知識

iPhone15Proはアクションボタンが実装?使える9機能とは?

iPhone15Proにアクションボタンが実装されるのかまとめたページです。

9月12日に発表会を控えるApple社のiPhone15シリーズですが、ミュートボタンの代わりにアクションボタンが搭載されるとの噂に、注目が集まっています。

そこで、iPhone15シリーズにアクションボタンは実装されるのか、予想される9つの機能や搭載予定のモデルなど、現時点で分かっている情報から解説していきます。

本記事には広告が表示されます。

iPhone15にはアクションボタンが実装される?

iPhone15シリーズでは、マナーモードを管理するミュートボタンの代わりにアクションボタンが実装されるとのリーク情報が出ています。

アクションボタンは感圧式が予想されており、実現すれば、従来の物理的ミュートボタンとは操作性が変わるでしょう。

マナーモードかどうかが分かりにくいため、アクションボタンを用いてミュートのON・OFFを行う場合は、バイブレーションによる通知が追加されるようです。

いよいよ9月12日にApple社の新作発表会が控えていますが、アクションボタンの有無や、その機能にも世界中のユーザーから注目が集まっています。

iPhone15でアクションボタンがつくのはどのモデル?

iPhone15でアクションボタンがつくのは、iPhone 15 Pro、そしてPro Maxのいわゆるハイモデルの2機種が世間では有力視されています。

米の著名なリーク元「MacRumors」では、次にリリース予定のiOS17に、iPhone 15 Pro・Pro Maxにアクションボタンの機能をうかがわせるコード記述があったと報じていました。

価格と性能共に、ベーシックなiPhone無印・Plusとは差がある上位モデルのProシリーズ。

アクションボタンによる多機能化は、よりグレードの高いProシリーズだけに実装となる可能性が高いでしょう。

Proはグレードが高いモデルですから、予算との兼ね合いで決断することになりそうです。

iPhone15のアクションボタンとは?

iPhone 15 Proシリーズに実装が予想されるアクションボタンとは、任意の機能をカスタマイズして使える利便性の高いボタンです。

これまでのApple製品では、2022年にリリースされた「Apple Watch Ultra」に実装されている機能です。

Apple Watch Ultraはアップルウォッチの最上位モデルですから、iPhone15シリーズにおいても、上位モデルであるProにアクションボタンが実装される可能性が高いでしょう。

仮にApple Watch Ultraと同様のボタンが実装される場合、数種類の機能からユーザーが好きなメニューをボタンに割り付けることが可能になります。

例えば、ミュートだけでなくライトやカメラ、ショートカットメニューなどが予想されています。

iPhone15のアクションボタンに予想される9つの機能

iPhone 15 Proシリーズにアクションボタンが搭載された場合に、できると予想される9つの機能について紹介します。

なお、記事執筆時点では「Apple Watch Ultra」が唯一アクションボタンを実装している端末です。

そのため「Apple Watch Ultra」の機能と、米MacRumorsのリーク情報を元に解説していきます。

ミュート

従来のミュートボタンの代わりに、iPhone15 ProではアクションボタンでマナーモードのON・OFFが操作できる可能性が高いです。

現行のミュートボタンは、ON・OFFの切り替えの際にボタンをパチパチ動かして操作します。

プッシュ式のアクションボタンが実装された場合には、使い勝手が変わるため、はじめは少し違和感を感じるかもしれません。

また、もともとのミュートボタンが無くなるのを不便に感じるユーザーは、アクションボタンをミュートに優先して割り当てる人が多くなりそうです。

アクセシビリティ

iPhone15 Proシリーズでは、アクションボタンを使ってアクセシビリティ機能への接続が可能になるでしょう。

アクセシビリティとは、視覚や聴覚など、障がいのあるユーザーがデバイスの操作性をUPするための機能です。

たとえば、音声読み上げや字幕、ボイスコントロールなどの機能が、アクションボタンから簡単に呼び出せるようになる可能性があります。

ショートカット

有力視されているアクションボタンのメニューとしては、ショートカット機能も候補になっています。

ショートカットとは、iPhoneユーザーが自分好みの機能をすぐ呼び出せるように登録できるメニューです。

ユーザー個々の利用状況に合わせて、よく使う項目をすぐ使えるようになるため、さらに利便性が向上するでしょう。

カメラ

iPhone15 Proのアクションボタンには、カメラの起動、もしくはシャッター操作が割り当てられる可能性があります。

カメラアプリをすぐ呼び出せるようになれば、記録に残しておきたい瞬間を、よりスムーズに撮影することが可能になるでしょう。

また、カメラを準備して構えるまでの動作が短縮できるため、より自然な表情やシーンを撮影できるのではないでしょうか。

スポットライト

iPhone15 Proのアクションボタンには、スポットライト機能が割り当てられる可能性があります。

たとえば、停電や予期せぬ暗転の際に、さっとスポットライトを点灯できると便利です。

足元が見えないときでもワンタップでライトが点灯すれば、iPhoneがユーザーの安全をサポートしてくれるでしょう。

集中モード

iPhone15 Proのアクションボタンでは、集中モードのON・OFFも操作できるようになるかもしれません。

集中モードとは、おやすみモードをはじめとする睡眠、仕事、その他パーソナルな設定により、iPhoneの機能を範囲指定して制限するメニューです。

これにより、集中したいときや、休みたいと思ったときにすぐiPhoneの機能を制限して切り替えられます。

ボイスメモ

iPhone15 Proシリーズでは、アクションボタンを使ってボイスメモの起動や停止が操作可能になると見られています。

ボイスメモは機能の性質上、録音したいタイミングですぐに起動することが重要な局面が多いでしょう。

アクションボタン一つでボイスメモが起動できれば、音声を保存したいタイミングを逃さずに済みそうです。

翻訳

iPhone15 Proシリーズのアクションボタンに割り当てられる機能として、翻訳アプリの起動も有力視されています。

iPhoneにはもともと純正の翻訳アプリが内蔵されていますが、これをボタン一つですぐ呼び出せるようになるのです。

これにより、言語の違いで困ったときにも、すぐに会話や文章を翻訳して理解できます。

翻訳アプリへの割り当てが実現すれば、出先や海外旅行中でも役立つ機能となるでしょう。

拡大鏡

iPhone15 Proのアクションボタンでは、カメラ機能を流用し、拡大鏡としてユーザーの視認性が向上する可能性があります。

たとえば、高齢者など視力の弱い人に対してもiPhoneの利便性が向上するため、より顧客満足度の高いデバイスになるでしょう。

さまざまなユーザーにとってiPhoneが有用な端末となれば、幅広い年齢の人がiPhone 15 Proシリーズを選択肢として選びやすくなるはずです。

まとめ:iPhone15はアクションボタンで操作性UP

本記事では、iPhone15シリーズにアクションボタンが実装されるのか、予想される9つの機能や搭載予定のモデルについて解説しました。

アクションボタンが実装されると、iPhoneユーザーの操作性は向上し、ますます快適に使えるようになるでしょう。

一方で、アクションボタンは、iPhoneの中でも上位モデル「Proシリーズ」のみに実装される可能性が高いです。

アクションボタンを含め、求める機能や予算との兼ね合いで、iPhone15シリーズの購入モデルを検討してみてください。

関連情報

iPhone SE【2023年8月】今から買うといつ届く?キャリア・Appleストア・量販店在庫調査

最新のiPhoneが本当に必要なのか?

iPhoneじゃないとダサいのか?スマホ選びの新たな視点

ドコモでiPhoneを買うメリット9選:通信品質が安定する以外の利点は?

新型iPhone15を予約なしで即日中に手に入れる方法!買えなかった場合の裏ワザも解説

-iphone疑問・知識